グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  授業・学科紹介 >  成田キャンパス >  生産技術科

生産技術科


豊富な実習で高い技能を手に入れる
生産技術科では、金属加工技術をメインに、その設計から実製作までの流れを習得することを目標に掲げています。その中でも、゛最先端のものづくり゛を体得することは大きなテーマ。最新鋭のCADシステムを使った設計技術、コンピュータ制御の工作機械を用いた機械加工など、実際のマシンや機器を使用することで、生産技術の進展に対応できる技術者を育成していきます。製品の高付加価値化が進んでいる現在、複雑で高い精度を要求される部品を作れる人材の需要はますます高まっています。当科修了時には、学生一人ひとりが、現代ハイテク職人として巣立っていきます。
 
 

関連科目

機械設計(メカニカルデザイン)

機械部品や機械装置の設計技術、及び加工情報作成手法を学びます。
機械設計製図
機械装置の仕組みを理解し、CADシステムを利用した設計手法を学びます。
金型設計
各種金型構造を理解し、その設計プロセスを学びます。
CAD/CAM実習
3次元CAD/CAMシステムを利用して、加工情報を作成するまでの技術を習得します。


機械加工(マシニング)

各種工作機械、器具の操作方法やプログラミング技術を習得します。
機械加工実習
汎用工作機械を使用して、金属切削加工技術を習得します。
機械工作実習
板金及び溶接作業等の金属加工技術を習得します。
数値制御加工実習
NC旋盤やマシニングセンタの操作、及びプログラミング技術を習得します。


制御/計測(コントロール/メジャーメント)

機構装置の制御技術と高精度な計測技術を習得します。
油圧・空圧制御
油空圧制御の特徴と利用分野、動作原理、及び汎用的な回路について学びます。
シーケンス制御
シーケンス制御の機器や基本論理回路について学びます。
精密測定実習
精密測定に欠かせない各種測定機の使用法や精度、及び測定技術を習得します。

学生の声

生産技術科 A.Tさん
普通科高校出身です

私が生産技術科への進学を決めた理由は、4年制大学と比較して実習の時間が多く、技術を習得できると思ったからです。また、就職率が良いことや応用課程に進学するという選択肢もあることも良いと思いました。
入校したての頃は、普通科高校出身なので、機械の扱いや測定のやり方などに慣れておらず、最初はうまく加工できませんでしたが、不明な点を先生に聞くだけでなく、工業高校出身者の動きを見ながら真似をし、作業を繰り返し行うことでうまく加工できるようになっていきました。現在は、技能検定の普通旋盤3級や数値制御旋盤3級、機械検査3級の資格を取得しています。
修了後は応用課程へ進学する予定です。応用課程の開発課題実習では、生産現場に密着した製品の企画開発から製作・評価まで行うため、企業に就職したあとも役立つと考え、進学を決めました。
生産技術科 M.Kさん
資格試験にチャレンジできます

小さい頃から工作など物を作ることが好きで、ものづくりに携わる仕事に興味があったのでこの学校の生産技術科に進学しました。
実習の授業は多く、図面の読み方や機械の操作はもちろん、道具の使い方といった基礎から工作機械で精度を出すためのコツまで先生方がしっかりと丁寧に教えてくれます。ですので、入学するまで工作機械に全く触れたことがない普通科高校出身の人でも授業についていくことができます。年に四回ある集中実習期間は1週間すべて実習となり普段以上に実習に集中できます。また、ガス溶接技能講習やアーク溶接特別教育などの講習修了証の取得や技能士補査を取得するための試験を受けられます。
機械に慣れてきたら任意で技能検定の受験を申し込むことができます。少し大変ですが放課後の時間を使って試験の勉強や工作機械を使った練習をすることができます。

修了後の就職

ANAエアロサプライシステム㈱ ANAスカイビルサービス㈱
㈱荏原エリオット MHIハセック㈱
市川ダイス㈱ 共和精機㈱
京葉ベンド㈱ ㈱阪上製作所
しのはらプレスサービス㈱ 田辺工業㈱
(株)パール技研 ㈱日立産機システム
フジフーズ㈱ 堀口エンジニアリング㈱
㈱吉野工業所