本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練)


ビル管理技術科(平成30年6月修了)

受講者

Fさん(男性)

訓練を受講した感想

前職は介護関係に従事していました。介護施設の業務の中で設備工事や電気工事の仕事を見ることがあり、ライフラインである電気の仕事に興味を持ちました。再就職をする前に何か勉強した方が良いと思い、ハローワークでポリテクの情報を見て入所を決めました。
訓練を受講するにあたり、目的を持ち、何か勉強してみようと思いました。電気関係の仕事に興味がありましたので、特に電気の勉強をし、第二種電気工事を取得し、仕事を希望していました。それに向かって学習し、キャリアアップにつながりました。


溶接施工技術科(平成30年12月修了)

受講者

Nさん(男性)

訓練を受講した感想

再就職にあたり、資格や技術がない自分は難しいのではと思い、訓練説明会を見学し、楽しそうに溶接をしている風景や科の内容を見て、やってみようと思いました。わからないこともたくさんありましたが、先生や経験のある訓練生仲間から教えてもらい、色んなことを習得することができました。
就職活動でも履歴書や職務経歴書の書き方や面接時の指導などを就職相談員の方から教えてもらい、不安になることもなく再就職することができました。


溶接施工技術科(平成28年12月修了 受講当時:金属加工科)

受講者

Tさん(女性)

訓練を受講した感想

前職では生命保険の営業をしていました。
ポリテクセンターでは、溶接の技術を身に付けたくて金属加工科に入りました。溶接の授業が楽しくて日々没頭していました。特にTIG溶接が好きでキレイなビードが出せた時には最高の気分になりました。教えてくださる先生方の技術が本当に素晴らしく、まさに本物で感動していました!溶接の他にもクレーンや玉掛・グラインダーやプレス等様々な技術を学び資格を取ることが出来ました。
今は勤めてもうすぐ2年になります。船造りの一番最初の工程を担っており鋼材にチョーク書き・墨付け・ペン書きをするという仕事をしています。溶接の仕事がしたかったのですが、造船での溶接の仕事は男性でも大変だからと、社長が気遣ってくれ今の現場を任されました。まだまだ覚えることもあり日々忙しく奮闘しています。時には失敗もしますが、なにより尊敬出来る上司と頼れる仲間がいるので、安心して働けています。
就職で悩んだとき「あなたなら出来る!大丈夫!」と言ってくださった先生の言葉が今も私の糧となっています。少しでも自分の可能性を広げるためにポリテクセンターに思い切って入校して本当良かったなと思いました。


建設機械科(平成29年9月修了)

受講者

山路 吉泰さん(男性)

訓練を受講した感想

 大きな悩みとして2つありました。1つ目は企業に対する不安です。賃金、就業場所、会社の規模、福利厚生、会社の将来性、仕事内容など多くの企業に対する不安がありました。2つ目は技術面として「自身の知識・技能がどれだけに通用するか」「ポリテクセンター荒尾で学んだスキルを活かすことができるのか」など能力面で悩むことがありました。
 雇用保険説明会でハローワークに行った際、合同での説明がありました。ここで初めてポリテクセンター荒尾を知るキッカケとなり、興味を持ちました。その後、ポリテクセンター荒尾で行っている説明会に参加し、授業の内容や施設見学をすることで、理解を深めることができました。
 受講修了後に現在(離職直後)考えている企業よりも、自分の希望に合った求人を見つけることができるのか?本当に初心者でも知識や技能を学び資格取得なんてできるのか?など、今後のキャリアプランについて考えることで応募を躊躇していました。しかし、知ることから始めるつもりで説明会に参加しました。説明会では、施設概要、施設設備の見学、担当している先生の説明を聞くことで、自分でもチャレンジできるのではないかと感じることができました。また自身のスキルアップができると強く感じ応募しました。結果的には説明会に参加することが有意義だった思い、応募の決め手となったと感じています。
 初日がとても印象に残っています。クラスメイトに関しても年齢や経験が様々で、私と同じような初心者の人ばかりでした。また、女性がいたことに驚きました。授業が始まると、スタートラインはクラスメイト全員が一緒なので、基本的な内容から丁寧に教えていただきました。実技に入っても、基本的な操作方法から、仕事を想定できるような充実した内容へとなっており、一連の流れを勉強することで、自身のスキルアップが確実にできたと感じています。また、就職に関しても丁寧にサポートしていただき、納得のいく企業に就職することができました。その他、大きな財産として仲間ができたことです。年齢や経験が様々な人達と情報交換することで、毎日の学校が本当に楽しかったという印象しかありません。もう一度、建設機械科を受講したいと思います。(笑)そのくらい充実した毎日でした。


機械CAD加工科(平成26年9月修了)

受講者

和田 隆太さん (男性)

訓練を受講しての感想

和田 隆太さん

6ヶ月の訓練期間中に、2次元・3次元CADや旋盤・マシニングセンタなどの作業を通じて、機械製図・機械加工を学びました。その結果、自身のスキルアップができました。特に、CADトレース技能審査では、初めは初級受験の予定でしたが、中級を受けるまでに自信つき、結果、中級に合格することができました。そして、訓練を受ける中で、ものづくりに対しての興味・関心が強く芽生え、関連の職種に就職が決まりました。


建設機械科(平成25年12月修了)

受講者

赤星 正開さん (男性)

訓練を受講しての感想

赤星 正開さん

建設機械科で車両系建設機械などの知識や技能を学び、車両系建設機械運転(整地)の技能講習や小型移動式クレーン運転技能講習など、資格を取得することができました。現在、土木工事の仕事に携わり、ポリテクセンター荒尾で学んだことが活かせています。また、ポリテクセンター荒尾で学んだことで、就職目標の明確化ができ、工事の作業に比較的円滑に入っていくことができました。ポリテクセンターの先生に丁寧に教えてもらったことが、即、現場で役に立っており、作業現場では仕事の連携がうまくいっています。


ビル設備サービス科(平成25年3月修了)

受講者

坂田 由実さん (女性)

訓練を受講しての感想

坂田 由実さん

入社して2年目、電気工事会社に勤めています。電気工事やシーケンス制御、また、図面の見方や表計算による積算・見積書作成など、ポリテクセンター荒尾で学んだ知識と技能が役に立っています。特に、電灯配線・コンセント工事の訓練は、電気工事をする上で、とても役に立っています。


設備保全サービス科(平成23年6月修了)

受講者

羽山 博紀さん (男性)

訓練を受講しての感想

羽山 博紀さん

現在義歯(インプラント)製造現場で働いています。当初、装置の修理で戸惑いましたが、先輩のご指導の元、現在はある程度の作業を任せていただけるようになりました。紹介して頂いたポリテクセンター荒尾の関係者を含め職場の方に感謝しております。技能士検定「機械保全2級」の資格取得もできました。設備保全サービス科で取得した技能を活かし、現在は2ヶ月に1回程度、九州一円や中国・四国を訪問し、機械設備の定期点検を行い予防保全に努める一方、細かい補修を行っています。また、機器や作業方法の改善にも取り組んでいます。


機械加工技術科(平成25年9月修了)

受講者

D・Tさん (男性)

訓練を受講しての感想

D・Tさん

私は、ポリテクセンター荒尾で機械加工技術科を7ヶ月間受講し、機械加工の仕事に就くことができました。 機械加工を含め技術職は全くの未経験で、入所前は「自分に向いているだろうか」「ものづくりって何だろう」等いろいろな不安や疑問がありました。入所して最初の1ヶ月は“橋渡し訓練”のカリキュラムで履歴書の書き方や就職活動をする上でのマナーを学び、2ヶ月目から機械加工について学びました。 機械加工の訓練では、主に旋盤加工とフライス盤加工などの汎用機械の操作や、マシニングセンタなどのNC工作機械を動かすためのプログラムの勉強をしました。定員が他の科に比べ若干少なめで、その分先生方からの指導を多く受けることができ、工作機械も各々で使用することができるので、限られた期間の中で機械加工の勉強をしっかり学ぶことのできる環境でした。 さらに「企業実習」という他の科にはないカリキュラムが約1.5ヶ月間組み込まれており、機械加工等を営む企業で実習生という形で勉強することができました。実際の現場で「ものづくり」の楽しさや難しさを経験でき、また、学ぶ姿勢をじっくり丁寧にサポートして頂きました。更に実習中も先生方からの支援があり、未経験の私でも安心して実習に専念できました。 今回、私は実習先の企業から内定を頂き卒業後すぐに就職することができ、素晴らしい再スタートができました。同じ科の仲間、先生方や就職支援をして下さった職員の方々、そして実習を受け入れて下さった会社の方々に感謝しています。今も日々ものづくりの大変さを感じながら技術の研鑽に励んでいます。正直なところ在学中にもっと勉強しておけば良かったと後悔もしています、本当にありがとうございました。


機械CAD加工科(平成24年9月修了)

受講者

有吉 啓さん (男性)

訓練を受講しての感想

有吉 啓さん

ポリテクセンター荒尾の機械CAD加工科に入所し、訓練を受講することにより機械加工、製図(CAD)の知識を習得し再就職をすることができました。訓練では、ものづくりは、機械、材料、人手など様々な要素が必要であることを学び、人間関係では、初対面の人達とコミュニケーションを取ることの重要性など、社会に出れば必ず必要になってくる能力を磨くことが出来たと思います。この能力を活かし、就職先でも周りの人達としっかり手を取り合って、会社に貢献したいと思います。


機械CAD加工科(平成24年6月修了)

受講者

竹下 徹さん (男性)

訓練を受講しての感想

竹下 徹さん

私はこれまで6ヶ月間、機械CAD加工科でCADの基本知識と旋盤などの機械加工やCADによる機械製図等を学び、スキルアップを図ることができました。また、グループでの作業を通じてコミュニケーション能力を磨き、より人と積極的に関われるようになりました。このように自分を磨いて、技術を習得することで、今まで経験がない新しい業種に就職することができました。


機械CAD加工科(平成23年12月修了)

受講者

島﨑 雅敏さん (男性)

訓練を受講しての感想

島﨑 雅敏さん

もともとCADや機械加工に興味をもっていたのと、機械系の製造業に就きたかった為に迷わずこの機械CAD加工科を受講しました。訓練内容は、製図やCAD、機械加工の基本となる測定器の扱い方から実際に工作機械を使用してのモノ造り、word、excelまでと幅広い分野を学ぶ事ができました。
また初心者でも丁寧に教えて頂けるので問題なく受講できました。
実際、就職難で厳しい状況でしたが、就職相談員の方の親身な進路相談など、就職するまでの心強いサポートがあり今日に至りました。
最後に無事、機械CAD加工科で学んだ事を活かせる工作機械オペレータとして就職できたのも先生方のお陰です。
この半年間訓練してきた事をこれからの仕事に活かしていきます。本当にありがとうございました。


機械CAD加工科(平成23年09月修了)

受講者

小柳 恭一さん (男性)

訓練を受講しての感想

小柳 恭一さん

入所前にCADに興味があり、機械CAD加工科の受講を希望しました。
訓練では、製図の基礎からCADの操作方法まで学べてとても良かったと思います。
先生方にも丁寧に教えていただきとても感謝しています。
念願のCAD利用技術者試験2級の資格も取得できました。ありがとうございました。
入所したことによって訓練生の方々と色々な会話をしたり、共同で課題を作成したりすることによって、製図や機械加工の技術だけでなく、共同作業におけるコミュニケーション力や協調性を磨くことができました。
就職相談などのキャリア支援もしていただき、無事就職することもできました。
今後はここで学んだことを次に活かしていきたいと思います。半年間本当にありがとうございました。


テクニカルオペレーション科(平成23年06月修了)

受講者

木下 月雄さん (男性)

訓練を受講しての感想

木下 月雄さん

次の仕事につながる勉強がしたいと思い職業訓練を受けることを決め、この科を受講することにしました。
はじめの3カ月は機械実習、特に旋盤は高校以来40年ぶりで、なつかしく、こういう作業の方が自分には合っているのではないかと思いました。
ただ速さを要求されるとなるとNC旋盤やマシニングセンタを使いこなせるようになる必要があると感じました。
CADの操作もおかげさまでなんとか使えるようになり、今後の仕事にも活かせると思います。半年間本当にありがとうございました。


テクニカルオペレーション科(平成22年12月修了)

受講者

石原 富晃さん (男性)

訓練を受講しての感想

石原 富晃さん

入所してから、職員の方や訓練生の方などいろんな方と話をすることができ、入所前と比べて多くの知識を得ることができました。
訓練では、今までやったことのなかったCADやマシニングセンタなどを使った機械加工などの技能を習得することができ、また、就職活動においてもキャリア形成などの話を聞くことができ、多いに役に立ちました。
パソコンの操作などある程度の経験はあったのですが、便利な操作方法などを知り、新たな発見をすることができました。
また、さらに努力を続けないと、CADや機械加工などの仕事における技能・技術を習得することは難しいということもわかりました。
これらの経験や発見は必ず仕事を行う上で役に立つと思いますので、それを活かしてさまざまなことに取り組んでいきたいと思います。


テクニカルオペレーション科(平成22年09月修了)

受講者

横溝 誠さん (男性)

訓練を受講しての感想

横溝 誠さん

「チェンジ」 今こそ意識改革である。 このたび、私達はグローバル化した世相に対応すべく最もいい機会に巡り合えました。
 テクニカルオペレーション科は、機械製図に関する技能と関連知識を学び、これを基にCAD操作方法を理解し機械図面を作成します。また、各種工作機械の概論、加工機器の 操作方法を理解し実際に加工しました。図面の理解・製品の加工等両知識は、重要な関係にあります。
経験豊富な講師陣と実習設備も充実していて、技術のレベルアップと共に仕事に対する意識の高揚をはかることができました。
企業の戦力になるには、基本から応用へのステップアップが要求されます。企業の一員としての地位確保は、おのずと家庭の心の豊かさでもあります。
熊本県北部、福岡県南部の地域社会に貢献する「ポリテクセンター荒尾」の位置づけは重要です。私も本校で習得した技術を、今後に生かすことは申すまでもありません。
今職業で悩みをおもちの方は、一度「ポリテクセンター荒尾」の門をたたいてみて下さい。 きっと明るい未来が開けると確信します。何事も 「チャレンジ」 が必要です。 企業は貴方を待っています。勇気そしてまず一歩。


建築設備科(ビル管理科)(平成22年03月修了)

受講者

徳永 公叙さん (男性)

訓練を受講しての感想

徳永 公叙さん

訓練校卒業後、大牟田市内の某会社に就職して日々仕事に励んでいます。最初は、学んだ事と全然関係無い仕事をしていると思っていましたが、色々な現場に行ってみると、訓練校で学んだ配管の接続があり、自動ネジ切り機の使い方は会社の人に習う事も無く使いこなす事が出来ました。又、塩ビの溶接をした時も訓練校で習っていたので上手と誉められました。
パソコンとCADを使えるので、いずれは事務所で設計と見積もりをしてもらうと言われています。 卒業後も電気工事士の実技試験の為に補講をしてもらったので、まだ結果は分かりませんが合格している自信があります。
訓練校に入れたおかげで現在とても役に立つ勉強ができたと思っております。


金属加工科(平成22年06月修了)

受講者

今村 太さん (男性)

訓練を受講しての感想

今村 太さん

金属加工科への応募のきっかけは、ポリテクセンター荒尾の訓練説明会に参加したことです。訓練説明会で就職実現に向けて自分の市場価値を高めるための話を聞き、また、求人企業での面接で職務経験を詳しく聞かれた際に、仕事を見様見まねで覚えてきたためうまく説明できず、基本から勉強しなくてはと思っていたこともあり、応募を決意しました。金属加工科は、とてもまとまったクラスで多くの仲間ができました。修了1か月前の5月に無事に就職が決まり、今は、高等学校の自動車科で補助指導員として働いています。訓練校での「学ぶ立場」から、逆に「教える立場」になり、高校2年生(1クラス40名を2クラス)にエンジン関係やガス溶接を教えるなかで、あらためて経験のない人たちに教えることの難しさを感じています。
訓練で学んだことは仕事に活かせることが多く、訓練校の授業で使用した資料は、今も参考にさせていただいています。自分自身、学べる機会がある時は、貪欲に学ぶことが大事だと思っており、日々、学生にも「今、学べることを自分のものにしようとする姿勢」が大事だと伝えています。


テクニカルオペレーション科(平成22年06月修了)

受講者

寺田 正敏さん (男性)

訓練を受講しての感想

寺田 正敏さん

私が入所したきっかけは、リストラでした。家族も住宅ローンもある中で半年間の訓練生活は不安もありましたが、次の仕事に少しでもプラスになればと思い入所しました。NC加工機のプログラミングも、CADも全く初めてだった私でしたが、先生方の丁寧なご指導により、よく理解することができました。就職活動についての講習などもしていただき、おかげさまでここで習得した、マシニングセンターのプログラマーとして就職することができました。
一緒に学んだ仲間達にもとても仲良くしていただき、本当に楽しく過ごすことができました。指導員の先生方には、就職内定後、卒業までに就職先から出された課題などにも付き合っていただき、本当にお世話になりました。 この半年間の訓練生活は、私の人生にとって、とてもプラスになりました。半年間、本当にありがとうございました。


テクニカルオペレーション科(平成22年06月修了)

受講者

村上 優子さん (女性)

訓練を受講しての感想

村上 優子さん

まずは、このポリテクセンターに入所する事が出来た事に感謝します。  テクニカルオペレーション科では、ものづくりの楽しさと難しさを学ぶ事が出来ました。
1番ためになった事と言えば、面接や就職活動に対しての常識や知識が今までは自己流だったのですが、先生方が親身になって相談に乗ってくれたり、色々と教えて頂いたおかげで、「就職」に対して以前より前向きに、そして積極的に取り組むことが出来るようになったことです。
クラスの代表として描いた「安全週間」のポスターで銀賞をもらった事も良い記念になりました。
全てにおいて、常に「挑戦」する事の大切さを学ぶ事が出来て、本当に良い経験をさせていただきました。先生方、ありがとうございました!!


建設機械科(平成22年06月修了)

受講者

木村 賢正さん (男性)

訓練を受講しての感想

木村 賢正さん

7月より木村ガーデンサポート(造園)を開業します。
入所当時、迷いがありましたが、先生方の指導のおかげで技能資格を取得していくうちに、少しずつ自分に自信を持つことができました。
また、クラスの人達との出会い、就職相談、講演会等で、自分が何をやりたいのか、改めて考えさせられました。
これからは、貴重な時間をいただいたことに感謝し、身につけた技能を生かし、お客様に喜んでいただけるよう努力します。


テクニカルオペレーション科(平成22年03月修了)

受講者

伊東 あけみさん (女性)

訓練を受講しての感想

伊東 あけみさん

入所目的はCADを学ぶことでしたが、全く知識のない機械加工の作業も経験でき、ものづくりの基礎を知ることができてよかったです。
理解度が低く、訓練についていけないこともたびたびあり悩みもしましたが、一緒に学ぶ仲間に相談したり励ましあいながら、半年間なんとかついていくことができました。
CADの基礎知識程度は習得できたかと思うので、これから何らかの形で活かすことができればと思います。
グループで1つのものを作り上げることで、学んだこともたくさんありました。
そして何より二人の担当の先生方に感謝します。いつも気遣って声をかけてくださった野村先生、私たちの声を聞き入れ考え動いていただいた富永先生、本当にありがとうございました。
私にとって貴重な時間を過ごすことができ、ここでの生活が人生の糧となるよう新しい道を探して行きたいと思います。


テクニカルオペレーション科(平成22年03月修了)

受講者

鶴田 祥悟さん (男性)

訓練を受講しての感想

鶴田 祥悟さん

私がポリテクセンターに通ってよかったと思うことは二つあります。一つは資格を取るということに前向きな姿勢になれたことです。
時間外の補講、そして対策といった先生方のバックアップのおかげで、合格にはあと一歩届きませんでしたが、独学では学ぶことのできない貴重な勉強ができました。
そしてあと一つは、就職に対しての対策、そして考えの整理ができたことです。
先生との面談、そして就職活動についての講習は、まだ社会経験の少ない私にとって学ぶことがたくさんありました。
この半年間、入所前の自分の考えと比べ変化があったこと、そして先生方のご指導があったことを本当に感謝しています。半年間ありがとうございました。


テクニカルオペレーション科(平成22年03月修了)

受講者

内野 翔平さん (男性)

訓練を受講しての感想

内野 翔平さん

この科を受講して良かったことは何よりもCADに興味を持てたことです。
自分でも驚くほどCADの仕事に就きたいと思うようになりました。今後の就職活動でも、この気持ちを忘れずにいたいと思います。
変化と言えば、技術面よりも気持ちの変化の方が大きいと感じています。
指導員の方々や同じ科の仲間と過ごした半年間は楽しく、まるで学生に戻ったような気分で勉強させて頂きました。
ここで学んだことを無駄にせず、自分で選んだ道を後悔しないよう努力していきたいです。


テクニカルオペレーション科(平成21年012月修了)

受講者

吉村 裕行さん (男性)

訓練を受講しての感想

吉村 裕行さん

私は、CADの資格を取得し、就職したいとの思いでテクニカルオペレーション科に入所しました。
入所前は、誰も知り合いのいない中で、訓練を受ける事や、その中でついて行けるのかという不安でいっぱいでした。
しかし、実際に入所してみると、楽しく訓練を受ける事ができ、仲間もでき、学生時代に戻った様な気分で過ごす事が出来ました。
訓練内容も充実しており、初心者でもわかりやすいカリキュラムとなっており、先生方とも楽しく過ごす事ができました。また、男女問わず、PCの扱いや技術面でのスキルアップができ、すごくいい科だと思います。
私は、無事にCAD利用技術者試験にも合格し、就職活動の時もみんなで情報交換し合い、就職相談委員の先生方も丁寧に履歴書や職務経歴書の書き方の指導してくださいました。就職活動をするに当って、不安を軽減する事ができました。
心の支えになってくれる人も、きっと見つかると思います。
私の実体験の元、感想を書かせて頂きました。
これから、入所したいとお考えの方には、是非入所して訓練を受けて欲しいと思います。


テクニカルオペレーション科(平成21年012月修了)

受講者

長田 厳男さん (男性)

訓練を受講しての感想

長田 厳男さん

私が「テクニカルオペレーション科」の訓練を受講してよかったと感じたことは、旋盤やマシニングセンタを使って物を作る楽しさを教えてもらったことや図面の書き方、読み方など今までわかっていたようで、実はわかっていなかったことを再確認させてもらったことです。
さらに今まで自己流で覚えていたExcel、Word、Power-pointを体系的に、しかも最新のバージョンで勉強し直す事ができたことと、新たに取得したかったCAD、三次元CADの知識を得ることができたことです。
しかも、CAD利用技術者2級試験の結果がCADシステム部門92点、製図部門100点、総合96点もの高得点だったのは、指導していただいた担当の先生のおかげだと感謝しています。
科の訓練以外でも履歴書、職務経歴書の添削をしていただいたり、適性検査や職業興味検査、進路指導などのサポートを受けることができたので、就職活動上とても助かりました。
今後もポリテクセンター荒尾で得た知識、技能を生かせるよう頑張っていきたいと考えています。


ビル管理科(平成21年012月修了)

受講者

三上 康路さん (男性)

訓練を受講しての感想

三上 康路さん

昨年の7月に離職し、ハローワークで「ポリテクセンター荒尾訓練生募集」のチラシを見て、訓練を受講することによって、技能を習得し、資格取得の可能性が高まる事を知りました。8月に説明会があり、その中でも「ビル管理科」の内容に興味を持ちました。ビル管理科では、電気・空調・配管・パソコンなど幅広く学べるということでしたので、入所を決意しました。
10月に入所し、初めての授業は電気工事でした。内容も難しく悪戦苦闘しましたが、実習で作業をしていくうちに少しずつ理解が深まっていき、同時に興味も高まっていきました。その後も空調・配管など他の授業を受けていく中で、自分は電気工事の仕事に就きたいという意思を固めていきました。
今年の1月に行われた就職相談で希望職種を聞かれ、「電気工事の仕事に就きたい」と返答したところ、就職相談員の方から電気工事の会社を紹介してもらい、数日後の面接の後、無事採用が決定しました。
現在は6月にある「第2種電気工事士」の筆記試験に向けて勉学に励んでいます。また、7月には技能試験があるため、今のうちから当時の担当講師から合格のポイントを教えてもらいながら作業に取り組んでいます。
将来は、就職した会社で早く一人前の電気工事士になれるように、頑張っていきたいと思います。

お問い合わせ先

ポリテクセンター荒尾(荒尾訓練センター) 訓練課

TEL

0968-62-0179

FAX

0968-62-0185

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る