本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械CAD加工科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

実際に機械加工を行いながら、各種加工機械の操作方法(加工手法の習得、NCプログラムの作成など)及び2次元CAD/3次元CADの操作方法を理解し、機械図面を作製するための技能及び関連知識を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し、CADシステムにより様々な機械図面を作製することができる。
  • NC機械のプログラミング及び加工ができる。
    (下記写真の訓練課題例参照)

訓練課題例

訓練課題例
訓練課題例

総訓練時間

674時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「機械製図及びCAD基本」

機械製図及び2次元CAD基本(製図一般、機械製図及び関連規格、機械要素)に関する技能及び関連知識を習得します。

※JIS機械製図のルールを踏まえ、Jw-cad及びAutoCADを使用します。
特にAutoCADを使用する求人が多く、その訓練時間をたくさんとっています。

機械製図及びCAD基本

2.「CAD応用作業」

2次元CAD操作の作業効率化を行うことができ、 様々な図面作製に関する技能及び関連知識を習得します。
※jw-cadとAutoCADでは異尺度混合図面などの考え方が違うため、 その設定や印刷レイアウトについて詳しく取り組んでいます。
※CADとは、コンピュータ援用設計システムのことです。

CAD応用作業

3.「3次元CAD及びCAD活用」

3次元CADによる部品形状の作成と2次元図面化についての技能及び関連知識を習得します。
また、課題演習を通じて2次元CADデータ把握、応用利用する技能及び関連知識を習得します。
※Inventorを使ってソリッドモデリングを行っています。
部品を一個ずつ作り、それらを組み立てる(アセンブリ)作業です。

3次元CAD及びCAD活用

4.「NC施盤作業」

測定作業、普通施盤の操作及び切削加工、NC施盤の基礎知識、 マニュアルプログラミング手法、NC施盤作業に関する技能と知識を習得します。
※汎用旋盤の作業で旋削の概要を理解した後に、 NC旋盤のプログラム作成の手法と加工準備・実加工を行います。
※NCとは、数値制御のことです。

NC施盤作業

5.「マシニングセンタ作業」

切削加工作業に必要な基礎的技能及び関連知識を習得し、 マシニングセンタの基礎知識と、プログラミングの手法、 加工のためのマシニングセンタ作業に関する技能と知識を習得します。
※フライス盤の作業でフライス削りの概要を理解した後に、 マシニングセンタのプログラム作成手法と加工準備・実加工を行います。

マシニングセンタ作業

6.「対話型NC施盤及び普通旋盤加工」

加工課題を通じて、対話型によるNC施盤の技能及び関連知識を習得します。
また、普通施盤の正しい操作及び各種加工準備要素と切削加工ができる技能及び関連知識を習得します。
※対話とは、NC旋盤にどの形状でどのように加工していくのかを、 質問形式で答えていきながらプログラムを作らせる機能です。
自分でプログラムを作るより簡単にプログラムが出来ます。

対話型NC施盤及び普通旋盤加工

受講要件

過去のCAD経験

特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 再就職の意欲及び職業訓練の受講意欲が強い方
  • コース内容を理解し、就職を希望する職務と希望科との整合性がある方
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障をきたさないような健康状態である方
  • 集団訓練で必要な、協調性のある方

受講料

無料です。
ただし、教科書代(約8,800円(作業着代含む))については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(前職) (修了後の職種)
販売    → 設計・製作
運送    → 機械保全
工場内作業 → 金属製品加工
商品販売  → NC機械工
サービス業 → アルミサッシ製造・加工
土木工事  → CADでの図面作成
ソフト開発 → プラスチック成形オペレータ


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

CADオペレータ

CADオペレータの仕事

様々な機械や建物などをつくるには、そのイメージを伝えるためにスケッチや設計図が必要です。
CADとはComputer Aided Designの略で、コンピュータを使って設計製図をすることです。
CADを使って、各種の図面を正確に描くのがCADオペレータです。
CADオペレータは、企業の設計部門やデザイン会社などで働いています。
CADオペレータは、機械、建築、電気、インテリアなどさまざまな図面を、コンピュータを使って設計の規格で決められた記号や作図コマンド(入力する記号)を入力して作図します。
オペレータはまず、手書きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD化する図面を受け取ります。
次に、CAD化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力します。
オペレータは、設計者の意図を読み取りながら、正確に図面を作製します。
CADソフトにはいろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。
そして、入力が終わると図面を印刷してチェックし、完璧な図面にします。

職種との相性(こんな方に向いている!)

「ものづくり」に興味があり、空間(立体)把握力、計算能力がある方。
性別は全く問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 汎用工作機械、NC工作機械を使用した加工業務
  • CADシステムを使用した設計・製図業務

求人票に記載されている職種名

機械加工、旋盤工、フライス工、NC旋盤工、マシニングセンタ工、金型製造工、工作機械オペレータ、CADオペレータ

就職後の仕事例(求人票より)

  • 自動車部品製造
  • CADオペレータ
  • NCオペレータ
  • 機械系設計(CAD)
  • 製造工場一般事務

就職率

80.0%(平成26年度実績)


修了者の主な就職先

  • 株式会社茂木製作所
  • 九州三井アルミニウム工業株式会社
  • 株式会社不二宮製作所
  • 有限会社二進製作所
  • 水谷鉄工株式会社
  • 株式会社九州プレジョン
  • 共立製作所株式会社
  • 株式会社九州トリックス
  • エイティー九州株式会社

賃金情報

14万円~22万円程度


訓練修了時に取得できる資格

特にありませんが、下記の受験により取得出来る資格があります。


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。

(※但し、合格を保証するものではありません。
詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

CAD利用技術者試験2級1級

CADシステムの操作や設計・製図業務、ハードウェア、ソフトウェア、それに関する業務知識を認定する資格です。
2級はネット試験で学科のみ、1級は機械、建築、トレースの3部門からの選択制で、学科試験と実技試験があります。
1級は当センターで受験できます。
(試験日:6月、11月) (受験料:2級5,500円、1級15,000円、1級/2級併願18,500円)

CADトレース技能審査初級中級

主に、CADを操作して図面作製業務に携わる方々を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。
当センターで受験できます。
(試験日:9月、2月) (受験料:初級10,000円、中級13,000円)


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター荒尾 【訓練課】

TEL

0968-62-0179

FAX

0968-62-0185

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る