本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅建築施工科-八戸実習場(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

建築物に関する知識や木造住宅の構造、建築CADを用いた製図や3Dパース等を活用したプレゼンテーション技法、及び軸組住宅の施工や内外装仕上げ、測量や住宅の基礎施工に関する技能・関連知識を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 住宅の構造部材の加工・組立と内外装施工、及び測量・住宅の基礎施工ができる。
  2. 木造住宅に必要な基礎知識・各種図面を理解した上で、データを活用したプレゼンテーションができる。 (下記写真の訓練課題例参照)

【訓練課題例】

訓練課題例の画像1
訓練課題例の画像2

総訓練時間

  • 669時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「構造部材加工組立作業」

木工事に関する工具の取扱いと部材加工・組立や軸組作成に関する技能と関連知識を習得します。

構造部材加工組立作業の様子

2.「内外装施工作業」

住宅の内装作業と外装作業に関する技能と関連知識を習得します。

内外装施工作業の様子

3.「測量技術と基礎施工作業」

測量機器の操作方法と工事測量、住宅基礎工事における配筋・型枠作業の技能と関連知識を習得します。

基礎施工作業の様子

4「建築知識と住宅構造」

建築に必要な基礎知識や製図、木造住宅の施工や構造に関する技術と関連知識を習得します。

住宅構造模型

5.「情報活用(住宅)と建築CAD」

コンピュータによる報告書作成やデータ管理、CADによる図面作成に関する技能・技術と関連知識を習得します。

建築CADの様子

6.「建築プレゼンテーション」

コンピュータ利用による3次元CADやCG、プレゼンテーション技法を習得します。

建築プレゼンテーションモデル

受講要件

過去の建築関係職種及びCAD経験

  • 特に経験を必要とはしません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 設計には、パソコンを使用しますので、パソコンを操作したことがある方(起動・終了、ワープロソフト、表計算ソフトなど)は訓練効果が期待できます。(スキルが不足している方は、補習または自習等で習得していただきます。)
  • 製図をするための図形の表し方や建築の概念についての基礎知識を有する方、また、過去に少しでも建築及びCAD関係の職務に携わったことがある方は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、教科書等(約10,000円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

住宅建築が未経験の方でも、下記のような住宅建築と関連する職種に就職されています。

前職                    修了後の職種
・銀行事務        →        現場管理補助
・食品加工        →        測量士補助
・医薬品販売卸      →        住宅アドバイザー
・調理師         →        大工見習


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

  • 建築施工(大工、内装工事業等)
  • 住宅設計・補助(新築、リフォーム)
  • 建築CADオペレータ
  • 住宅営業(ハウスメーカー、住宅リフォーム、不動産)
  • 住宅基礎工事業(型枠工・鉄筋工)
  • 測量業務

建築技術者の仕事

建築技術者は、建築物の設計図面を引く設計と建築現場での作業員の指揮・監督・加工に分かれます。まず、建築設計の依頼を受けると、その規模や用途、予算などの条件に従って、基本設計し、設計平面図や模型などをつくり、完成後の建物の姿を明らかにします。
次に、インテリアや材質といった、細かい部分を決める実施設計をします。平面図、立面図、断面図など、実際に建築するために、構造や設備の設計をして、必要な設計図を作成し、工事費用を割り出します。決められた予算内で、いかに依頼主の要望に合った建物にできるか、最も知識・技術が求められます。
建築が始まると、建築現場で、工事管理をします。工事が設計図面どおり進められているか、品質管理は適切に行われているかなど、建築中の現場に足を運び、職人の工事を指揮・管理します。
職人は、電動工具により効率化が進んでいますが、現場で使うことが多い、のこぎり、のみ、かんななどの基本的な道具を使いこなす技能が必要です。また、いい物づくりをするためには、各材料の特性等を十分に熟知する必要性があります。

職種(建築技術者)との相性(こんな方に向いている!)

建築に興味があり、細かな作業が好きな方(設計関係)や、人と接する仕事が好きな方(管理、営業関係)。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 建築施工に関する業務(大工、内装工事等)
  • 住宅設計(建築CAD)、施工管理に関する業務
  • 測量業務に関する業務
  • 住宅営業(新築、リフォーム、不動産)に関する業務

求人票に記載されている職種名

現場管理者、建築現場管理・設計、現場工事管理、住宅営業、内装業、住宅リフォームスタッフ、住宅アドバイザー、大工、CADオペレータ

就職後の仕事例(求人票から)

  • 建設現場での管理業務
  • 現場管理、監督
  • 住宅・店舗・事務所等の工事管理
  • CADオペレータ
  • 設計事務所での住宅設計
  • 住宅・店舗・事務所等の工事管理
  • 注文住宅及び弊社建売住宅の受注、販売
  • 内装の壁、天井の石膏ボードを貼る
  • イベントの企画、モデルハウスでの接客業務、住まいに関するトータルアドバイス
  • 木造住宅の建築

就職率

86.2%(平成29年度末実績値)


修了生の主な就職先

(平成28年~平成29年 2年間の実績)

  • 株式会社紺野建設(建築業)
  • 株式会社太陽測量設計(測量設計業)
  • 株式会社東北産業(建築業)
  • 株式会社第一ホーム(建築業)

賃金情報

平均20万円~31万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると全員が建築知識と住宅構造、情報活用(住宅)と建築CAD、建築プレゼンテーション、構造部材加工組立、内外装施工及び測量技術と基礎施工について習得できていますので、これらの技能を活用して、つぎの業務を行うことができます。

  • 就職先企業でパソコンの活用による管理、営業、積算
  • 建築の知識に基づいたCADによる図面の作成
  • 各種工具を使った木材の基本的な加工
  • 建築構造の知識を基にした内装仕上げの改修工事など  

訓練終了時に取得できる資格

訓練修了時に取得できる資格はありません。


任意に習得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください。)また、下記の試験に関しては、当センターが試験会場となっております。

建築CAD検定

CADの資格試験というと、概ね機械系CADと想像される方が多いでしょうが、この「建築CAD検定試験」は文字通り建築用図面を「CAD」を使って描く技量(例:2級取得者で基本図面を描けたり、見て理解できる程度)を測るもので、受験者数・規模ともに、日本では最大級と評されています。

(一般社団法人 全国建築CAD連盟)

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) の受講や、実務経験を活かして、関連ある国家資格等の取得に挑戦することが可能です。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ポリテクセンター青森(青森職業能力開発促進センター) 八戸実習場

TEL

0178-73-5535

FAX

0178-73-5536

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る