本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気メンテナンス科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

電気理論からシーケンス制御、制御盤加工、プログラマブルコントロールを用いた機器制御及び電気設備基準、ケーブル配線施工法、防災設備施工法、屋内配線設計、CAD活用技術に関する知識・技能を習得します。

訓練イメージ
訓練イメージ

習得できるソフト名一覧

  • Microsoft Office 2010 ※1
  • Jw_CAD 7

※1 Microsoft Office 2010は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 電気機器、制御機器の取り扱い及び保全・改善ができる。
  2. プログラマブルコントローラによる自動化システムの制御ができる。 (下記写真の訓練課題例参照)

【訓練課題例】

訓練課題例
訓練課題例

総訓練時間

  • 670時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「シーケンス制御回路組立」

シーケンス制御及びPC制御の含まれた設備の施工、点検に関する技能及び関連知識を習得する。

シーケンス制御回路組立

2.「制御盤・配電盤設計技術」

配電盤・制御盤設計に必要な電気、シーケンス、配線に関する技能及び関連知識を習得する。

制御盤・配電盤設計技術

3.「シーケンス制御関連技術」

PCを用いた各種周辺装置についての制御方法に関する技能及び関連知識を習得する。

シーケンス制御関連技術

4.「一般用電気設備工事」

一般用電気工作物の設計、工事、試験、検査に関する技能及び関連知識を習得する。

一般用電気設備工事

5.「管工事防災設備工事」 

防災設備の中の消防設備・防犯設備の設計・工事・保守に関する技能及び関連知識を習得する。

防災設備工事

6.「CAD・情報活用技術」

CADを用いて建築平面図及び屋内配線図の作成、電力会社への申請書類及び電気設備工事の見積書作成に関する技能及び関連 知識を習得する。

CAD・情報活用技術

受講要件

過去の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコン操作及び日本語入力。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、テキスト代3000円程度と別途作業服等の購入が必要です。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

住宅リフォーム技術科で訓練を受講すると未経験の方でも、下記のような関連する職種に就職されています。

前職           修了後の職種
・販売    →     設備保守
・営業    →     設備保守
・事務    →     シーケンス・電気工事


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

電工

電工の仕事

建物を建設するときに、電気の配線を行い、分電盤やコンセント、照明器具などを取り付けて、電気が使える状態にします。また、修理や修復工事も行います。その他に、消防設備の工事も行います。
基本的な作業は、機器の据え付け、器具の所定箇所への取り付け、それらの機器や器具への配線などで、建設業と並行して行われることが多いです。作業は通常、グループで行われ、それぞれのグループは職長が中心となり、その指揮下で作業が進められています。大きな現場では、電気工事の責任者がいて、グループごとの1日の作業内容が決められ、指示が与えられます。指示は通常図面によって示されるので、電工はその図面を読解し、それに基づいて材料、工具、作業手順などを決めて作業を進めます。電気工事は様々な法令によって基準が定められており、法令を守って安全確実な仕事をすることが要求されます。

職種(電工)との相性(こんな方に向いている!)

主に現場での仕事になり、協調性、正確さ、速さ、注意力、忍耐力、几帳面さなどが求められます。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 生産工場での自動制御設計・制作・保守
  • 配電・制御盤設計・施工・保守
  • 電気設備の設計・施工・保守
  • 消防設備の設計・施工・保守

求人票に記載されている職種名

電気工事士、空調工事部員、電気技術者、消防設備点検、電気工事補助作業、電気工、電気・防災設備士、配線工事

就職後の仕事例(求人票から)

  • シーケンス制御回路の設計・施工
  • 消防設備点検、修理
  • 電気住宅設備のメンテナンス補助
  • 住宅、店舗の電気配線、電気工事全般

就職率

84.2%(平成29年度実績)


修了生の主な就職先

  • マルチプライ株式会社
  • 太洋電設株式会社
  • 株式会社善知鳥防災
  • 東和電機工業株式会社

賃金情報

平均26万円~32万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

電気・シーケンス制御の技能・技術・知識を活かし、自動化機器の製作、機械の電装部分の設計、生産工場のライン管理、改善提案をするなどの仕事。 また、訓練で使用した計測機器の取り扱い方や関連知識を活用し、電気機器のメンテナンスを行う仕事などに役立っています。


訓練終了時に取得できる資格

訓練修了時に取得できる資格はありません。


任意に習得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください。)

第2種電気工事士((財)電気技術者試験センター)

電気工事士の資格には、第2種電気工事士と第1種電気工事士があり、第2種電気工事士にあっては一般用電気工作物の作業に、第1種電気工事士にあっては一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大500キロワット未満の需要設備に限る)の作業に従事することができます。
試験については、筆記試験と技能試験があります。

消防設備士第4類甲種、乙種((財)消防試験研究センター)

消防設備士第4類の資格は、自動火災報知設備などの消防用設備等の工事、整備等を行うために必要な資格であり、甲種は設備の工事及び整備、乙種は整備のみ従事することができます。
試験は筆記試験と実技試験(甲種はペーパーテストのみ)があります。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) の受講や、実務経験を活かして、関連ある国家資格等の取得に挑戦することが可能です。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ポリテクセンター青森(青森職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

017‐777‐1234

FAX

017‐777‐1187

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る