校長挨拶

校長 伊勢崎 浩之いせざき ひろゆき

校長写真 本校は、五所川原市をはじめとし、青森県内を中心とした関係機関、地域の事業主団体、企業の方々と連携し、人材育成の拠点校として「ものづくり」をとおした"人づくり"と「ものづくり」に関する技術支援による地域の課題解決など、地域産業界に貢献する役割を担っています。
 皆さんの就業能力(エンプロイアビリティ)の基盤づくりは、それぞれの職業ごとに必要とされる職業能力、すなわち「専門知識」、「技能」、「技術」の3つの職業能力を一体的に習得した上で、生涯にわたって自らの職業能力を磨こうとする弛まない努力にかかっています。
 産業界では、急速な技術革新や常に変化する多様なニーズに対応するために、技術全般に関わる基礎知識に加え付加価値の高いものづくり力を基盤とした創造性および適応性豊かな実践能力を兼ね備えた活力のある人材が求められています。 本校は、このような産業界の要請に応えるため、昭和59年に国の職業訓練法に基づき青森職業訓練短期大学校として開校し、さらに高度な職業能力開発に対応するために平成12年より大学の1、2年生にあたる「専門課程」、3、4年生にあたる「応用課程」からなる東北職業能力開発大学校(宮城校、青森校、秋田校)に統合され、その青森校(青森キャンパス)として、人材の育成を行っています。
 「専門課程」では、工学的基礎理論の上に立って「自らものづくりができる」技能と技術を実践で活用できるテクニシャン・エンジニアの育成を目指して、「ものづくり」の基本となる機械システムを学ぶ「生産技術科」、IT化に対応した「電子情報技術科」、平成24年度から新設された環境・エネルギー産業に対応した「電気エネルギー制御科」を設置し、「ものづくり」現場で使われている最新鋭の機器を実際に使える環境を整え、経験豊かな講師陣が少人数教育により学生一人ひとりの個性を生かした指導をしています。また、専門課程修了後は、「応用課程」が設置されている宮城校に進学する道が開かれています。
 専門課程の就職は、県内外の企業から高い評価を得ており、6年連続就職率100%を達成、その内、県内に5割程度が就職をし、「ものづくり」に関わる産業を支えています。また本校の「専門課程」から就職する場合は、短大卒として就職することができます。
 「応用課程」では、より高度な技能・技術に加えて高付加価値化、新分野展開に対応できる企画力、開発力などを習得した創造性豊かなテクノロジストの育成を目標としています。
  また本校では、「専門課程」における人材の育成のほか、地域産業界からの要請に応じた受託・共同研究をはじめ、在職者の方々を対象とした職業能力開発など、職業能力開発に関する多様な相談・支援を行っておりますので、併せてご活用下さい。青森県内では、県内企業の「ものづくり」を支える基盤技術者の育成を目的とした青森県の事業「基盤技術人財育成事業」に県内の教育訓練機関と連携して取り組んでいます。