電子情報技術科

卒業生からのメッセージ

 佐藤 優 弘前中央高校出身

 私は情報系の勉強をしたいと思い入学しました。入学時点で工業系の知識はほぼゼロに近かったのですが、授業で一から学ぶことができるので普通校出身でも難なく授業が受けられました。授業で知識を蓄え、実習で実践的な技能を身につけることができ、有意義な学生生活を過ごすことができました。


今は私が指導員に

細井 遼太郎さん 埼玉職業訓練支援センター

 短大時代は、技術的な内容を学ぶのは初めてでしたので、基礎的な事をしっかり身に付けられるように努めていました。
 卒業後は職業大へ進学し、現在は埼玉職業訓練支援センターに職業訓練指導員として勤務しています。学生時代に学んだ以上の事を求められることも多く日々勉強を重ねていますが、学ぶ上での基盤は学生時代に身に付けた知識・技能・技術です。
 初めて技術に触れる方は、本当にやっていけるかどうか不安に思うかもしれませんが、基礎から丁寧に教えていただけるので心配はないと思います。むしろ、自分から興味を持って取り組めるかどうか、という点の方が大事です。自分から興味を持って関わらなければ身につきませんし、楽しくないものです。是非いろいろな物に興味を持って、楽しんで技術を学んでください。

一人で自動機を設計から立ち上げまでできる生産技術者になりたい

山内 真実さん キヤノンプレシジョン株式会社

 在学中に電磁気学で学んだモータの基礎知識を生かせると思い志望しました。
 現在はモータの生産設備の電気設計技術者として設計から調整、立ち上げ等を 行っています。設計した工具、装置がイメージ通りに完成し仕様を満たした時や、 ミスがあった場合でも、その度に新しい知識や技術を得る事ができ、日々成長で きるのでやりがいを感じます。
 就職後一番必要となったのが電気の基礎中の基礎 でしたので、学んでいて良かったです。
 将来就職したい企業や職種があり、そこに向けて専門的なスキルを身につけた い人は絶対に入学した方が良いと思います。
 2年間という短い期間で多くの事を 沢山身につけることが大事だと思いますし、それがこの学校の強みだと思います。