本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

テクニカルオペレーション科(訓練期間6ヶ月)のご案内 (旧 機械加工技術科)


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

日本工業規格(JIS)に基づく機械製図を理解し、主に2次元CADを利用した図面の作成方法を習得します。
旋盤やフライス盤といった汎用工作機械による金属部品の加工技術、NC工作機械の操作方法やプログラミング等、機械加工の基礎から応用までの幅広い知識・技術を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 機械製図を理解し、CADシステムによる製図ができる。
  2. 旋盤及びフライス盤加工と、NC機械のプログラミング及び加工ができる。
フライス盤による訓練課題例
3次元CADによる訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 674時間

訓練到達目標

1.「機械製図」

手書きによる図面の作成を通して、日本工業規格(JIS)に基づいた機械図面の読み方や関連知識を習得します。

機械製図作業の訓練風景

2.「2次元CAD・3次元CAD」

2次元CADの基本操作、部品図及び組立図の作成方法を習得します。(使用ソフト:Auto CAD)3次元CADを用いて立体モデルの作成方法、アセンブリモデルの活用方法を習得します。(使用
CADソフト:Solid Works)

2次元CAD作業の訓練風景

3.「CAM作業」

通常の加工ではできないような形状(人の輪郭形状など)の機械部品に対しては、CADにより部品モデルを作成し、自動プログラミング(CAM)で加工するための技術を習得します。

CAM作業の訓練風景

4.「機械加工(汎用工作機械)」

図面に基づいて、加工(切削加工)の基本と汎用工作機械(普通旋盤、フライス盤等)の使い方を習得します。また、加工した製品に対して、各種測定機器による測定を実施し精度について理解します。

機械加工の訓練風景

5.「NC旋盤作業」

フライス普通旋盤作業で行ったハンドル操作から、自動運転を実現するために必要なNC(数値制御)プログラムや機械操作方法を習得します。

NC旋盤作業の訓練風景

6.「マシニングセンタ作業」

フライス盤作業で行ったハンドル操作から、自動運転を実現するために必要なNC(数値制御)プログラムや機械操作方法を習得します。

マシニングセンタ作業の訓練風景

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • (パソコンスキル)
    キーボード入力、マウス操作、ファイルの取扱いなどの基本的な操作ができることが望ましい。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、教科書代(約3,000円)については、実費負担となります。
作業帽・作業服は各自で用意していただきます。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

製図/機械加工が未経験の方でも、下記のような製図/機械加工と関連する職種に就職されています。
(前職)      (修了後の職種)
・飲食店店長    → NC工作機械加工オペレータ
・薬品店店員    → NCプログラマー
・塾講師      → CADオペレーター
・マシンオペレータ → 設計・製図技術者


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

旋盤工、フライス工、NC旋盤工、マシニングセンタオペレーター、金型工、検査工、CADオペレーター

CAD技術者の仕事

  • CADオペレーター
    機械製図の知識をもとに、製造業においてCADを利用し機械図面を作成します。

機械加工技術者の仕事

  • 旋盤工
    汎用旋盤を操作して切削加工を行います。図面をもとに円筒形状の金属に外形加工や内径加工等を行って、精度の高い機械部品を製造します。
  • フライス盤工
    汎用フライス盤を操作して切削加工を行います。ブロック形状の金属に図面をもとに溝加工や穴あけ加工等を行って、精度の高い機械部品を製造します。
  • NC旋盤工、マシニングセンタオペレーター
    NC旋盤、マシニングセンタを使って、金属加工を行います。加工する品物に応じて、加工プログラムを作成してNC装置に入力し、切削工具の登録や材料の取り付け等の段取り作業を行った後に、製品を加工します複雑形状の部品や大量生産品が加工対象です。

職種との相性(こんな方に向いている!)

「ものづくり」に興味があり、じっくり忍耐強く仕上がりを重視した作業ができる方。性別は全く問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

  • CADを使用した機械設計業務
  • 旋盤作業による円筒物(車のシリンダーなど)を製作する業務
  • フライス作業による角材を製作する業務
  • 機械加工関連の見積もり、工程等の業務
  • NC工作機械による大量生産部品の製造に関する業務

求人票に記載されている職種名

NC旋盤工、マシニングセンタオペレーター、機械オペレーター、旋盤工、フライス工、検査工、金型工、CADオペレーター、機械設計補助、CADトレース業務

就職後の仕事例(求人票より)

  • CAD技術者
  • 製品検査
  • 機械加工技術者

就職率

  • 90.5%(旧 機械加工技術科 平成29年度 訓練修了後3ヶ月時点)

修了生の主な就職先(旧 機械加工技術科)

  • 株式会社協和精密(切削工)
  • 山本精機株式会社(検査工、生産管理者)
  • 日本精機株式会社(検査工)
  • タルイシ機工株式会社(機械精密技術者)
  • 株式会社土佐製作(旋盤工)

賃金情報

賃金構造基本統計調査より秋田県の職業別年収データ平均値

  • 機械検査工 19.2万
  • 機械組立工 24.5万
  • 機械製図工 34.8万
  • 旋盤工   26.9万

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると、機械製図をCADで作成する作業および汎用工作機械の作業ができるようになります。
この基本技能を活用し、製造業における設計・製図や工作機械を使用している関係業種の様々な就職先企業で活躍できます。


訓練修了時に取得できる資格

特に無し


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

CAD利用技術者試験

CADを使いこなし、製図・設計・デザインをする能力を認定する民間資格であり、2級は筆記試験、1級は実技試験が行われています。受検資格の制限はありませんが、2級はCADシステムの基礎的な知識をもち、半年以上の実務経験者、1級はハードウェア、ソフトウェアの高度な知識をもち、1年以上の実務経験者を想定して出題されます。
また、1級、2級の他に、3次元CADや基礎試験という利用技術者試験も有ります。

(社)コンピューターソフトウェア協会

技能検定(機械・プラント製図、旋盤作業、フライス盤作業)

技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、平成29年4月現在111職種について実施されています。技能検定の合格者は平成28年度までに423.9万人を超え、確かな技能の証として各職場において高く評価されています。
◆合格した者の称号
技能検定の合格者には、厚生労働大臣名(特級、1級、単一等級)または都道府県知事(2級、3級)の合格証書が交付され、技能士と称することができます。また、技能検定合格者には、他の国家試験の受験や資格取得に際して特典が認められる場合があります。

中央職業能力開発協会

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター秋田 【訓練課 受講者第一係】

TEL

018-873-3178

FAX

018-873-2960

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る