本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

金属加工技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

金属加工関連産業への就職を目指すコースです。
金属でものを作るには、金属を切る、曲げる、削る、接合するなどの技能・技術が欠かせません。溶接や金属加工の技能・技術は非常に幅広い分野で使われており、産業界になくてはならない重要な技能・技術です。
金属加工技術科では、金属製品の成形、加工で必要になる各種金属に対応した溶接技術、構造物図面の見方、材料加工に必要な切断・研磨・穴あけ・板金など、企業から求められている基本的なものづくり技能・技術を習得できます。
最近は事故なく安全第一に仕事できることも企業に求められていますので、金属加工作業に必要な安全に関する特別教育、技能講習を各種実施し、安全に作業を行うための基本作業についても習得します。
溶接技術に関しては、日本溶接協会主催の検定試験「溶接技能者評価試験」相当の訓練内容を通して技能の習熟度の確認を行っているので、溶接技能の向上に向け資格取得を目指す事も可能です。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 鉄鋼材の加工および炭酸ガスアーク溶接作業ができる。
  2. TIG溶接法による溶接施工及び被覆アーク溶接作業ができる。
    (下記写真の訓練課題例参照)
TIG(ティグ)溶接課題(左:貯金箱、右:灰皿)
構造物鉄工課題

総訓練時間

  • 674時間

訓練到達目標

1.「金属加工基本」

簡単な図面の読み方、金属に穴をあけるために使うボール盤の取扱い、目的の大きさに削ったり形状を整えるヤスリやグラインダの取扱い、ガス熱を用いて切断するガス切断など金属材料加工の基礎を習得します。
また、安全に関する法律で定められた特別教育、技能講習を実施し、安全作業の関連知識と基本作業を習得します。
※図面の見方、ヤスリがけ、穴あけ、ガス切断など材料加工作業は、溶接の下準備作業としても行われる為、溶接作業者に必要な技能です。

グラインダーによる研磨作業

2.「炭酸ガスアーク溶接作業」

溶接ワイヤを自動で送給し、操作は手でコントロールすることから、"半"自動溶接と呼ばれています。
半自動溶接機の使用方法、保守点検方法、各種姿勢や形状に対する溶接条件の設定や溶接作業方法などに関する技能・知識を習得します。
※半自動アーク溶接機は、安全性が高く、能率・効率が良いことから、現在主流になっています。特に工場内での溶接作業が多く、机、柵、棚や自動車、船舶、産業機械の製造など、多岐に渡って使われています。

炭酸ガスアーク溶接作業

3.「構造物鉄工・運搬作業」

鉄骨構造物を作成加工するのに必要な現図作業、鋼材加工組立作業に関する技能及び関連知識を習得します。
また、床上操作式クレーンの運転、玉掛け作業の安全教育を通して重量物運搬の基本・応用作業を学びます。
※応用課題として、図面に沿って、材料加工から溶接・組立、仕上げまで、製造工程を考えるなど、ものづくりの流れを経験できます。

構造物鉄工課題の作成

4.「被覆アーク溶接作業」

建設現場など屋外での溶接作業で良く使われる溶接法です。
被覆アーク溶接による各種姿勢、形状に対する溶接作業に関する技能、知識を習得します。
※被覆アーク溶接は、棒をつけて溶接する溶接法で「手溶接」の呼ばれ方で昔から行われている溶接です。
必要な設備等が他の溶接に比べ簡易です。現場などでの感電災害発生を防止する為、安全教育が重要になります。

被覆アーク溶接作業

5.「TIG(ティグ)溶接作業」

ステンレス鋼・アルミニウム合金材のTIG溶接に関する技能、知識を習得します。
※TIGは、「T(タングステン)・I(イナート)・G(ガス)」の頭文字をとった略称で、アルゴンなどの不活性ガス中でタングステン電極からアーク(熱)を発生させる溶接方法です。
他の溶接方法に比べ、火花が出なく、高品質な溶接が特徴で、薄い板厚、ステンレス鋼やアルミニウムのような特殊な材料の溶接にも使われている溶接法です。

TIG(ティグ)溶接作業

6.「板金CAD・機械板金プレス作業」

CADソフト(JW_CAD)を利用した製図及び板金展開図の作成方法、機械板金加工・プレス機械(プレスブレーキ・シャーリング等)作業に必要な基本的要素、技能及び関連知識を習得します。
※機械板金作業は、曲げ加工で部品や箱形形状を作る為に必要な技術です。人間の手で材料を曲げるのではなく、機械の力を利用して材料を曲げて製造する加工方法です。

プレスブレーキによる機械板金作業

受講要件

過去の溶接、金属加工の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。
ただし、教科書代(約9,000円)については、実費負担となります。
作業帽、作業服、安全靴、作業用皮手袋、保護メガネは各自で用意していただきます。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

溶接が未経験の方でも、下記のような溶接と関連する職種に就職されています。
(前職)         (修了後の職種)
・調理師        → ダクト等の製缶・溶接工
・フォークリフト運転士 → 鉄骨構造物の溶接工
・営業・販売員     → 鉄骨材料加工・溶接工
・事務作業員      → 板金・溶接工
・派遣社員       → 板金・溶接工


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

溶接工、鉄工、製缶工、板金工

溶接工の仕事

ものづくりにはかかせない基幹技術である『溶接技術』は、その適用分野が自動車、船舶、建築、鉄道車両、産業機械、食品機械、化学工業、工場設備、家具家電、など非常に多岐にわたっています。
また、対象となる製品によって、材質や板厚、接合する形状が大きく異なり、要求される品質事項からも溶接法の種類や施工法(ロボットなどの自動化技術含む)が数多くあります。
このような状況から、溶接工の仕事内容は多様化しており、その難易度も様々です。実際に、"容易な加工方法・作業条件で、ただ単に接合できていれば良いもの"から"溶接継手の強度等、極めて要求品質が厳しいもの"まであります。
最近の労働者不足の影響で、溶接だけを行う仕事としてではなく、製品の材料加工工程、図面通りに製品を組み立てる工程など、他の溶接作業者をサポートする役割も求められています。一人で製品を完成させることもあれば、団体作業で協力して大きな製品を完成させることもあり、完成品が目で見える形で残る為、完成後の達成感が"やりがい"として非常に感じやすい仕事と言えます。
溶接工の仕事内容、密度は様々であり、逆に言えば、自分の性格や技量・技術に向いている業界を選択できます。製品が変われども、製造工程の共通部分が存在します。溶接に限らずものづくり技術を幅広く習熟しておくことで、他の金属産業への転入も考えることができます。よく、『溶接の仕事は、つぶしが利く』と言われるのは、このためです。

職種との相性(こんな方に向いている!)

「ものづくり」に興味があり、じっくり忍耐強く仕上がりを重視した作業ができる方。暑さ、寒さに負けない健康かつ体力に自信のある方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 溶接作業による構造物等を製作する業務
  • 金属材料加工作業による金属製品製造業
  • 金属部品製造工程に付随する加工、検査などの業務
  • 切断・溶断による構造物等の解体業務

求人票に記載されている職種名

溶接工、金属材料の加工、溶接士、製缶工、溶接(被覆、半自動、TIG)作業、溶接・板金・組立工

就職後の仕事例(求人票より)

  • 建築鉄骨の柱や梁材の溶接作業
  • 煙突・ダクト等の製缶加工・溶接作業
  • 各種ボイラー、鉄骨、ダクト等の溶接作業
  • 特殊車両の改修作業、車両部品の加工・組立て等の溶接作業
  • 鉄及びステンレス等の鋼板の板取り、プレス加工、溶接作業

就職率

  • 94.1%(平成29年度 訓練修了後3ヵ月時点)

修了生の主な就職先

  • 株式会社日誠工業(金属加工、製缶工)
  • 新興工業株式会社(鉄工)
  • 千代田興業株式会社(溶接工)
  • 有限会社佐々木製作所(溶接工、板金工)
  • 株式会社共同スチール(溶接工、鉄工)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 平均13万円から20万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると大半が被覆アーク溶接、半自動アーク溶接、TIG溶接の下向き姿勢の溶接技能の基本は習得できています。また、製造工程や安全作業に関しても、訓練や課題作成を通して実作業の流れを一部経験しておくことで理解が深まり、就職先で必要な技能に対応しやすくなります。
就職後は、就職先の仕事内容によっても異なりますが、訓練で習得した技能・技術によって未経験者よりも迅速に、就職先でのベテラン技能者のOJTにより、製作物の一部であれ、就職先が期待する仕事(標準的な作業時間と品質・仕上がり)ができるようになります。


訓練修了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証   (秋田労働局登録教習機関 第22号 有効期間満了日 2024年3月末)

ガス溶接等の業務は、労働安全衛生法第61条によって下記の者でなければ就業してはならないこととされております。当センターは、2)の都道府県労働局長の登録を受けた教習機関となっており、訓練修了者に対してガス溶接技能講習修了証が当センター所長名で交付されます。
1) ガス溶接作業主任者免許の所持者(都道府県労働局長が交付)
2) ガス溶接技能講習修了証の所持者(都道府県労働局長の登録を受けた教習機関が交付)
3) 上記に該当し満18歳以上の者

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、アーク溶接等の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための 特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者が 「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

動力プレスの金型等の取付け、取外し又は調整の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で動力プレスの金型等の取付け、取外し又は調整の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

クレーンの運転の業務に係る特別教育修了証(つり上げ荷重5t未満、移動式クレーンを除く)

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条でクレーンの運転の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

玉掛けの業務に係る特別教育修了証(つり上げ荷重1t未満)

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で玉掛けの業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

各種溶接技能者

溶接作業を行う作業者“溶接技能者”の資格で、基本級(下向姿勢の溶接)と 専門級(立向、横向及び上向姿勢の溶接並びに管の溶接等)があり、さらに試験材料の種類と厚さ、溶接方法などとの組合せにより45種類ほどに資格が分かれます。試験は学科試験及び実技試験(資格の種別に応じた試験材料に溶接作業を行う。)によって評価されます。専門級は、基本級が合格していないと受験できません。

(社)日本溶接協会

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター秋田 【訓練課 受講者第一係】

TEL

018-873-3178

FAX

018-873-2960

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る