ポリテックビジョン

ポリテックビジョン

 ポリテックビジョンとは、「ものづくり」を通した訓練目標を明確にすることにより、学生の訓練意欲の高揚、向上心の喚起等を促すとともに、各職業能力開発施設における能力開発の現状・水準や成果物の展示・発表等を通じて、段階的・体系的な能力開発の重要性について広く一般に対して周知及び普及することを目的としたイベントです。
 また、地域の事業主団体、企業及び学校教育機関等に対し積極的な参加を促し、産学連携によるものづくり産業の振興、人材育成等の事業の推進の契機とし、地域の活性化の一助となることを狙いとしています。


 当校では、ポリテックビジョンinおおだてと題し、年に3回の実施をしています。

 第1回は、学園祭と同時開催としております。当校を開放して、当校の教育訓練に関連するものづくり体験や総合制作作品展示を行うことで、地域住民が当校をより身近に感じていただく機会としています。



 第2回は、大館市が主催する大館圏域産業祭の一画で、「産業教育展」と銘打ち、教育機関が中心となり各種団体や企業と共同で、ブース出展やイベント実施を行っています。平成26年度の入場者数は、18,585人となっており、地域社会において必要不可欠な取り組みとなっています。「産業教育展」では、ものづくり体験や総合制作作品展示を通じ、ものづくりの楽しさ、素晴らしさ、重要性等を分かりやすく伝えるほか、小中学生の職業意識の涵養を目的とし、大館圏域産業祭の出展企業への「お仕事体験」や、「適職診断」などのキャリア教育支援を行っています。


 第3回は、特別講演及びものづくり競技会(電子機器組立て技術競技)の他、市内高等学校と合同研究成果発表会を行っています。当校の総合制作実習及び、市内高等学校の課題研究の研究成果について、合同発表を行うことで教育交流を深めるとともに、地元企業や学校関係者を招き、意見交換を行うことにより、今後の訓練内容の充実につなげることを目的としています。

CONTENTS

ポリテックビジョン