秋田職業能力開発短期大学校の紹介

実践的カリキュラム(実習カリキュラム割合50%)

科学的・技術的な知識をマスターしながら実験・実習に重点を置いた教育訓練で技術者の育成を行います。理論と技術を一体にして学ぶ独自のカリキュラムは、実習割合が約50%と実践を重視したものとなっています。 「学んだ理論」を実際に試すことにより「使える知識・技術」とします。

カリキュラム例(電子情報技術科)

1年次

  前期 後期
一般教養 職業社会論、数学、英語
…他
物理、英語
…他
学科 安全衛生工学
情報通信工学
電子回路
…他
ディジタル電子回路
アナログ電子回路
データ構造、アルゴリズム実習
…他
実験・実習 情報通信工学実習
ディジタル回路基礎実習
組込みソフトウェア基礎実習
…他
データ構造
アルゴリズム実習
マイクロコンピュータ工学実習
電子回路設計制作実習
アナログ回路実習
…他

2年次

  前期 後期
一般教養 キャリア形成論
…他
移動体通信技術
…他
学科 移動体通信工学
組込みオペレーティングシステム
インターフェース技術
計測制御技術
…他
 
実験・実習 インターフェース製作実習
ファームウェア実習
組込みソフトウェア応用実習
…他
組込み機器製作実習
総合制作実習
…他