秋田職業能力開発短期大学校の紹介

就職まで2度のチャンス!

附属職能短大の特徴(応用課程は4大卒と同様)

職業能力開発大学校では、4年間を2年ごと分け、専門課程と応用課程としています。当校は東北能開大の附属短大で、専門課程を設置しています。

東北職業能力開発大学校(宮城県栗原市)は、青森と秋田及び自校の専門課程から学生を受け入れると共に、実践的な技術を身につけた卒業生を世に送り出しています。当校学生は、 入学時に進学か就職かを選択することができます。一般の大学では4年次まで就学して就職しますが、当校の学生は自分の適性や希望を考慮して2年次に進学か就職かを選択できます。 このように、多様な進路選択ができるのが当校の特徴です。

東北職業能力開発大学校(専門課程・応用課程)及び各附属短大校(青森、秋田)の科・定員一覧

当校では年度によって異なりますが概ね25から40%が応用課程に進学します。一方、就職率は当校(専門課程)で100.0%(22年度〜28年度 7年連続)東北職業能力開発大学校(応用課程)においても100.0%(28年度実績)です。卒業生全員が、それぞれの進路に進んでいます。きめ細かい進路サポートにより就職力をUPできます。

当校から進学する学生の、ほとんどが東北職能大に進学しますが、北海道から沖縄まで全国に10校設置された、すべての能開大に受験進学が可能です。詳しい内容を知りたい方は 当校にご連絡ください。

お問い合わせ先

秋田職業能力開発短期大学校 学務援助課
TEL : 0186-42-5700(代表) FAX : 0186-42-5719
Email: gakumu@akita-pc.ac.jp