住居環境科

住居環境科について

デザインと機能に優れた建築空間を目指す。

今住まいに求められている豊かさには、安全で安心して暮らせる工法及び構造、空間設計などが含まれています。住居環境科では商業施設や一般住宅など様々な建築物の住環境をどのように創り出していくのか、建築物の計画、設計そして建築工事全般についての知識や工事管理、施工技術にいたるまで知識と技術を学びます。卒業と同時に2級建築士の受験資格を有し、応用課程進学の場合は、3・4年次の在学中の資格取得が可能となり就職にも有利です。

カリキュラムの特色

建築の3つの分野とその主な科目

建築計画
CADによる設計の方法や建築物の設計計画、快適な空間の設計方法等を学びます。
建築構造
建築物に作用する力がどのように伝わるのかなど、材料や構造の特性を学びます。
建築施工
工事管理、積算、測量や施工技術など、建築工事全般について学びます。