電子情報技術科

電子情報技術科について

ハードとソフトの技術の融合を目指す。

電子情報技術科では、デジタル家電や携帯情報端末に使用されているエレクトロニクスの基礎と応用を学びます。昨今のデジタル機器にはコンピュータが内蔵され、それを動かす膨大なソフトウェアが組み込まれています。このプログラム開発についても学びます。デジタル機器の開発・改良には、ソフトウェアもハードウェアもバランスよく理解できる技術者が求められています。当科では時代のニーズに応えた、開発現場さながらの最新鋭の設備で機器を設計、試作し実践的な知識・技術を習得します。また、通信や情報関連の就職に有利な資格取得についてもバックアップしています。

カリキュラムの特色

実践技術を身に付ける3つの分野とその主な内容

ハードウェア
ディジタル・アナログ電子回路を組み合わせた設計・実験・計測など電子機器製作に必要な技術を身につけます。
ソフトウェア
システムの設計・分析、プログラミング、データ構造・アルゴリズム、テスト手法などソフトウェア開発の技能・技術を身につけます。
通信ネットワーク
移動体通信、インターネットなど通信ネットワークを活用するための技能・技術を身につけます。