本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

町かどの機構(利用者の声)

 高齢・障害・求職者雇用支援機構は、人材確保、人材育成、雇用環境改善などについて、地域の特性に合わせ、企業、在職者、求職者の方々を支援するために、様々な事業に取り組んでおります。その中から、利用者の声や事業取り組み事例等を紹介いたします。

能力開発セミナー利用者の声をお聞きしました!!

 ポリテクセンター中部で実施しました能力開発セミナーの利用者に感想をお聞きしましたので、ご紹介します。

 今回は
有限会社伊藤製作所 様です。

 

経営者の声

代表取締役の伊藤 政行 様、工場長の伊藤 英明 様にお話しを伺いました。

 当社は、主に輸送機器、電力部品、工作機械等の産業機器の精密部品の機械加工を得意とする従業員16名の会社です。

 他企業にない「光る技術」を持った活気あふれる会社として生き残っていくためには、常に新しい分野に挑戦する意欲と優秀な人材は欠かせません。そのためにも人材育成は最重要の課題ですが、OJT教育のみでは、現場においては、どうしても生産優先となってしまうため、設備や指導者確保の問題があり、理論の教育も不足してしまいます。そういったことから、近くにあるポリテクセンター中部さんを利用させていただきました。

 特に主力の中堅社員に、NCプログラミングや工具の扱い、段取りなど、業務に直結する技術力を強化するとともに、自信や技術的背景を持たせることを期待して、当社の生命線であるNC旋盤やマシニングセンタのセミナーを受講させています。受講させたことで、それぞれの持ち場で自信を持って、業務に取り組めるようになり、製品に対する接し方が変わったと感じています。品質管理や加工現場へのフィードバックもできるようになり、品質管理の担当者も現場に新たな姿勢でバックアップ出来るようになりました。

 当社からも近い場所にあり、実践的な講習が受講できるポリテクセンター中部さんを今後も利用して、さらなる社員のレベルアップを図っていきたいと考えています。可能ならば、さらに実習のウエイトを上げて、より実践的な内容としていただくことを希望いたします。

 また、当社は、この3月にポリテクセンター中部さんの機械加工技術科を修了した野村さんを採用しています。彼は、デュアル訓練コースの企業実習を当社で受講され、仕事に対する積極的な姿勢とまじめな実習ぶりを買って、そのまま入社してもらいました。入社後も懸命に技術を吸収する意欲に満ち、早くも当社に欠かせない存在になりつつあります。今後も技術と経験を積んで会社の技術力と業績向上に貢献してくれることを期待しています。

代表取締役 伊藤 政行 氏

工場長 伊藤 英明 氏

セミナー受講者の声

セミナーを受講された生産管理・5Sリーダーの松浦 健次 様、旋盤グループリーダーの亀川 浩一 様、品質管理責任者の野寄 崇 様にお話を伺いました。

松浦様:
 「マシニングセンタ実践技術・プログラミング編」「マシニングセンタ実践技術・加工編」のセミナーを受講しました。会社ではマシニングセンタ・NC旋盤の段取りと生産管理を担当していますが、プログラミングや刃具の選定に自信が持てませんでした。今回、別のやり方や選定法を知り、技術の幅が広がって自信が持てるようになり、ヘリカル(3軸同時加工)機能を使ってみようかなと思いましたし、タップのネジ切りも新しいきっかけになりました。セミナーは、やや駆け足の印象がありましたので、じっくり取り組めるようにしていただければと思います。

松浦 健次 氏

作業中の松浦 氏

亀川様:
 「NC旋盤実践技術・プログラミング編」と「NC旋盤実践技術・加工編」のセミナーを受講しました。入社して会社独自のやり方でNC旋盤を使ってきましたが、今回は異なるやり方やプログラム方法などを学ぶことができ、勉強になりました。新しい機械に対する怖さを知ることで、逆に臆せず取り組めるようになりました。今後はマシニングセンタのセミナーも受講してみたいと思います。

亀川 浩一 氏

作業中の亀川 氏

野寄様:
 「NC旋盤実践技術・プログラミング編」と「NC旋盤実践技術・加工編」のセミナーを受講しました。私は品質管理を担当していますが、今回受講したことでプログラミングにも自信を持つことができ、製造部門をバックアップできるようになりました。また、工程や工具を知ったことで、品質管理の立場での製品への接し方が変わったように感じています。今後は測定や品質管理の基礎から応用・実践のレベルのセミナーを受講したいと思います。

野寄 崇 氏

若年者訓練修了生の声をお聞きしました!!

デュアル訓練コース修了生の声

「機械加工技術科」を修了され、就職された野村 晃央 様にもお話を伺いました。

 私は北海道から愛知に来て、ポリテクセンター中部に入所する前は、別の製造系の仕事をしていました。派遣社員でしたので、技術とキャリアが十分に積めていないと感じ、退職を機に興味のあった機械加工を学ぶためにポリテクセンター中部さんに入所しました。

 デュアル訓練派遣先企業として当社にお世話になり、精密で多彩な仕事を経験できると思い入社しました。現在、仕事ではNC旋盤の管理の仕事を任され、やりがいを感じています。ポリテクセンター中部さんで学んだ精密測定や工具補正、工程や段取りなどが今の仕事に大変役立っています。

 以前は数字が苦手だった私が、今はNCのプログラミングをやっています。苦手意識を持たず地道に努力を重ねていけば、ものづくりの楽しさを知り、やりがいを持って仕事ができるようになれると思います。私に続く機械加工技術科の修了生に期待しています。

野村 晃央 氏

作業中の野村 氏

能力開発セミナー

 能力開発セミナーは、高度で専門的な知識及び技能・技術の習得を目的とした講座です。
 お仕事に就かれている方であれば、どなたでも受講いただけます。
 詳しくは
ポリテクセンター中部 のホームページをご覧ください。

若年者訓練(日本版デュアルシステム)

 若年者訓練(日本版デュアルシステム)は、概ね45歳未満の方で未就職または離職された方、現在アルバイトなどに就いていて正規就労を望む方の再就職を支援するためのコースです。
 詳しくは
ポリテクセンター中部 のホームページをご覧ください。

問い合わせ先

能力開発セミナーに関すること 中部職業能力開発促進センター  企画指導部 企画課

TEL

0568-79-0555

若年者訓練(日本版デュアルシステム)に関すること 中部職業能力開発促進センター  企画指導部 事業課

TEL

0568-79-0512

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る