本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備技術科 <デュアル訓練(若年者向け)>


コースの概要

 一般家庭・ビル・工場における電気配線、消防設備の配線、ルームエアコンの取付け取外し、太陽光発電システムの電気配線等の各実習を通して、電気設備の施工及びそれら保守管理を行う技術を基礎から習得します。さらに、高度情報化社会においての要となる高速通信設備(光ファイバ)に関する施工・保守管理に必要な技術を基礎から習得します。


受講前提条件

 電気設備工事及び電気通信工事の施工・保守管理に興味があり、就職をめざす方。


事前に習得していることが望ましいスキル

 パソコンの基礎操作(キーボードやマウス操作等)ができる方が望ましい。


目標

 電気設備及び電気通信設備の施工、自動火災報知設備の施工及びそれらの保守管理ができる。


内容

  • 電気工事
    住宅の電灯やコンセント等の配線に必要な施工技術を基礎から習得します。
  • 光ファイバ通信施工
    光ファイバやLANなどの通信設備の施工及びその保守管理に必要な技術を基礎から習得します。
  • 消防設備と空調機器
    ビルや公共施設などで使われている、火災を自動的に検知し建物内の人に知らせる設備である自動火災報知設備の工事を基礎から習得します。家庭用ルームエアコンの取付け取外しと太陽光発電システムの構成と電気配線を習得します。
  • 約1.5月間の企業実習
  • フォローアップ訓練
    企業実習の報告書作成とその発表会を通じて、企業実習の内容を振返り、技能・技術を補完します。また、就職活動に向けて、担任やキャリア・アドバイザーと面談を行います。
金属管工事

金属管工事

合成樹脂管工事

合成樹脂管工事

 通信工事(FTTH)

通信工事(FTTH)

太陽光発電

太陽光発電


目指す職種

  • 電気設備工事
  • 電気通信工事
  • 防災設備工事
  • 空調設備工事

電気工事作業者の仕事

 電気工事作業者は、建物を建設する時に電気の配線を行い、分電盤やコンセント、照明器具などを取付けて、電気が使える状態を作ります。また、修理や修復工事も行います。
 電気工事作業者は、まず、設計図に基づいて、日程、人数、資材などの作業プランを立てます。そして、設計図を基に、電線を通す配管と配線を作ります。
木造建造物の場合は、天井や壁に主な配管を行い、そこからコンセントやスイッチに通じる配線を行います。
 作業は、一般的に通常、数人のグループで行われるため、相互のコミュニケーションが重要です。 また、現場では、天井裏や床下での作業、ビルの場合は、高所での野外作業や、厳しい気象条件の中で行う場合もあります。
 キャリアアップしていくに従い、現場だけでなく、施工管理、設計、積算などの仕事もします。 作業が終わると、誤りがないか確認や試験を行います。


就職実績

87.0%(平成26年度の実績値)

  • 電気工事(27歳 男性)
  • 空調工事(30歳 男性)
  • 工場内設備工事(25歳 男性) 他

賃金情報

  • 電気工事 15~35万円(求人票より)
  • 通信工事 16~35万円(求人票より)
  • 消防設備 17~30万円(求人票より)

授業の特徴

  • 基礎から履修するので、初めての方でも理解できるよう訓練カリキュラムを用意しています。
  • 電気設備及び電気通信に必要な施工技術及び関連法規を、実習で体験しながら学べます
  • 一人に1つの施工課題及びチームワーク作業を要する施工課題を、実習環境として用意しています。
  • 企業実習では実際の設計・施工現場で、電気設備工事の工程を直に学べます。

修了生の声

  • 訓練で工具の扱いに慣れていたおかげで、現場で役立てることができた。
  • 未経験だったが、訓練で身に付けたことを企業実習先で活かすことができ、就職につながった。

任意に取得できる資格

第二種電気工事士

第一種電気工事士

消防設備士4類

問い合わせ先

企画指導部 事業課

TEL

0568-79-0512

FAX

0568-47-0677

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る