本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

CAD/CAM技術科


コースの概要

 CAD/CAM技術科ではIT化された「ものづくり」に対応できる人材(CAD/CAMオペレーター・NCオペレーター等)を養成します。機械製図に関する幅広い知識を学ぶとともに、CADを用いた機械図面作成、3次元CADによる立体的な形状作成およびCAMによる加工データの作成に要する技能や知識を習得します。また、基本的な機械加工(マシニングセンタ等のNC工作機械)に関する技能・技術を習得します。


受講前提条件

ものづくりに興味があり、製造業への就職を目指すやる気のある方。


事前に習得していることが望ましいスキル

  • (パソコンスキル)
    キーボード入力、マウス操作、ファイルの取扱いなどの基本的な操作ができることが望ましい。

目標

  • 2次元CADによる機械の部品図及び組立図の作成と、3次元CADによるモデリングができる。
  • 3次元CADデータから高精度高能率加工に必要なNCのデータの作成ができ、また、マシニングセンタにより所定の精度で加工することができる。

内容

  • JIS規格に基づいた機械図面の読み方
  • 2次元CAD(使用ソフト:AutoCAD)の基本操作、部品図及び組立図の作成方法
  • 3次元CAD(使用ソフト:CATIA V5)の立体モデルの作成方法、アセンブリモデルの活用法
  • マシニングセンタの段取りから実加工までの一連の作業の習得
  • CADで作成したモデルデータをもとに、CAMによる加工データの作成
 2次元CAD実習風景

2次元CAD実習風景

3次元CADモデリング実習風景

3次元CADモデリング実習風景

 3次元CADモデリング完成図

3次元CADモデリング完成図

 マシニングセンタ実習風景

マシニングセンタ実習風景

3次元CAM実習風景

3次元CAM実習風景

金型および完成品

金型および完成品


目指す職種

  • CAD技術者、CAM技術者
  • NC機械オペレータ、生産技術

CAD技術者の仕事

 建物や機械などをつくるには、そのイメージを伝えるためのスケッチや設計図が必要です。  CADとは、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)すること(Computer Aided Design)です。CADを使って、各種の図面を正確に描くのがCADオペレーターです。
 CADオペレーターは、企業の設計部門やデザイン会社などで働いています。CADオペレーターは、建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな図面を、コンピューを使って、各分野の規格で決められた図示方法や寸法、記号を入力して作図をします。
 オペレーターはまず、手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD化する(電子データにするための)図面を受け取ります。
 次に、CAD化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力します。オペレーターは、設計者の意図を読み取りながら、正確に図面を作成します。CADソフトにはいろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。 そして、入力が終わると、図面を印刷してチェックし、完璧な図面にします。 CAD技術者は企業で利用するCADが今すぐ普通に使えることが前提であり、図面経験をある程度お持ちの方です。


就職実績

89.7%(平成26年度の実績値)


賃金情報

平均16万円~22万円程度


任意に取得できる資格

CAD利用技術者試験

CADトレース技能審査

問い合わせ先

企画指導部 事業課

TEL

0568-79-0512

FAX

0568-47-0677

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る