本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

精密溶接技術科(金属加工科)


コースの概要

 近年の溶接技術は従来の方法だけでなく、多種多様かつ特殊な技術、技能を必要とする場面が増えています。
 特に、金型製作・補修や異種材料の溶接などは溶接方法、条件はもとより素材に関する幅広い知識と正確な理解が必要です。
 精密溶接技術科では高品位な溶接を実現する高度な溶接技能の習得を中心に、高い技術、応用力が求められる機械部品、金型溶接、組立溶接など、前後工程を含めた段取り、加工技術を習得するコースです。


受講前提条件

 溶接、プレス作業等に関心があり、今後、溶接作業、金型補修、板金作業、設備組立などの現場へ就職を目指す方。


事前に習得していることが望ましいスキル

 特になし。


目標

  • TIG溶接(アルゴン溶接)を中心とした高品位な溶接作業ができる。
  • 一般板金作業に必要な製図・工作基本作業ができる。
  • 金属材料に関する諸特性を理解し、金属材料の溶接、加工に対する応用力を身につける。
  • 溶接作業に付随する製品機能、段取り、施工、仕上げなど一連の工程を理解し管理、改善ができる。

内容

  • 機械部品全てに共通する機械製図・各種測定技術の習得。
  • 手仕上げ、ボール盤作業を通じた工作基本作業に関する技術の習得。
  • 金属材料試験、熱処理実習による、金属材料の基本的性質の理解と活用方法を習得。
  • 手溶接(被覆アーク溶接)、半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)による溶接基本技能の習得と量産製造ラインなどでの適用について注意点や特徴と有効な活用法の習得。
  • ケースやカバーなどを製作する板金加工実習と、塑性加工法及びプレス技術の理解。
  • TIG溶接、レーザー溶接による薄板材料や特殊材料の溶接施工方法の習得。
  • 金型製作・補修や航空機部品などで用いられる特殊材料の溶接方法、条件設定、検査法の習得。

ガス溶接・切断

被覆アーク溶接

炭酸ガスアーク溶接

機械板金

TIG溶接

レーザー溶接


目指す職種

  • 自動車部品製造業(治具製作等)
  • 航空機部品製造業(部品製造および溶接)
  • 金型製造業(金型の製作及び補修溶接)
  • 金属製品(板金)製造業(製品製作・ライン保守)

溶接工の仕事

  • 造船所などで組立作業をはじめ、ビルや橋などの鉄骨建設現場や各種機器の製造などで、製品や構造物を溶接するのが、溶接工です。
  • 溶接とは、金属材料の接合する部分のすき間に、溶接棒やワイヤを接触させ、そこに熱を加えて、金属材料と溶接棒を同時に溶かしながら、必要な長さや厚さで接合することです。
  • 溶接には、溶接工が溶接棒やワイヤを1本1本操作する手溶接と、ワイヤが自動的に供給される半自動溶接があります。
  • 溶接工は、まず、溶接する材料によって、適切な電流や電圧に調整して、適切な溶接棒やワイヤを選んで、作業をします。作業時に発生するガスや飛び散る高温の金属から身体を守るため、溶接工は、耐熱の作業服やマスク、強い光から目を守るために遮光マスクを着用します。
  • 溶接工は、接合部分に空洞やムラが出来ないように注意しながら、溶接棒やワイヤを操作して、作業をします。
  • また、ビルや橋などの建設現場での溶接作業の場合、高所や足場の上などで行われるため、常に安全に気を配ります。

就職実績

100%(平成26年度の実績値)

  • 溶接工(29歳 男性)
  • 機械工(26歳 男性)
  • 製缶・溶接工(45歳 男性)  他

賃金情報

平均17万円~23万円程度


修了時に修得できる資格

ガス溶接技能講習修了証 (愛知労働局長登録教習機関第11号)

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了書

自由研削用といしの取替え又は取替え時の試運転の業務に係る特別教育修了書

動力プレスの金型等の取付け、取外し又は調整の業務に係る特別教育


任意に取得する資格

JIS溶接技能者(手溶接・ステンレス溶接・半自動溶接)等

問い合わせ先

企画指導部 事業課

TEL

0568-79-0512

FAX

0568-47-0677

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る