本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅診断CADプランナー科(住宅診断サービス科)

<アビリティ訓練>


コースの概要

 「良い木造住宅とは何か?何で決まるか?」 そんなテーマについて、今住宅に求められる10の性能”ものさし”から、主に「診断」をキーワードに答えを導き出すコースです。住宅デザインCAD科では木造住宅の診断に必要な構造を理解し、CADによる建築図面が描けること、施工法を理解し耐震診断と補強法及び各種診断法による建物診断及び報告書の作成等の知識と技能・技術が習得できるようカリキュラムが組まれています。


受講前提条件

  • 当施設が実施しているコース説明会に極力参加し、訓練内容等について十分理解していること
  • 自らが希望する住宅・建築関連の職種について十分理解した上で、訓練の習得とともに早期再就職に向けた就職活動が並行して行える方
  • 1日6時間の訓練(大工作業及びパソコン操作)等の受講が可能であり、健康に不安がない方

事前に習得していることが望ましいスキル

 各種ソフトを使用しますので、マウス操作やファイル管理の基本操作ができることが望ましい。


目標

  • 木造住宅の診断に必要な構造を理解し、コンピュータを利用した報告書及び建築図面を作成できる。
  • 木造住宅の調査・診断に必要な構造と施工法を理解し、耐震診断と補強法及び各種診断手法により建物診断ができる。

内容

  • 住宅構造・法規
  • 住宅図面作成技術
  • 住宅実施図面作成技術
  • 現地調査と図面作成
  • 木造住宅の軸組・内装施工
  • 木造住宅の構造計画と診断
  • 環境設備診断
  • 建築物の調査・診断
建築CAD実習風景

建築CAD実習風景

劣化調査・診断実習風景

劣化調査・診断実習風景

製図実習風景

製図実習風景

建築CAD実習風景

建築CAD実習風景

調査図作成実習風景

調査図作成実習風景

住宅施工実習風景

住宅施工実習風景

構造計算実習風景

構造計算実習風景

含水率測定実習風景

含水率測定実習風景


目指す職種

  • 建築・不動産営業
  • 建築CADオペレータ
  • 建築設計・監理 等
  • 設計補助・アシスタント

※過去の経験を含みます。


建築CADオペレータの仕事

 建物や機械などをつくるには、そのイメージを伝えるためのスケッチや設計図が必要です。 CADとは、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)すること(Computer Aided Design)で、各種の図面を正確に描くのがCADオペレータです。
 CADソフトにはいろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。
 CADオペレータは、企業の設計部門やデザイン会社などで働き、建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな図面を、コンピュータを使って、各分野の規格で決められた図示方法や寸法、記号を入力して作図をします。
 オペレーターはまず、手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD化する(電子データにするための)図面を受け取り、設計者の意図を読み取りながら、CAD化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力しながら、正確に図面を作成し、入力が終わると、図面を印刷してチェックし、完璧な図面にします。


就職実績

92.5%(平成26年度の実績値)

  • 建築設計(32歳 男性)
  • 設計補助業務(24歳 女性)
  • CADオペレーター(26歳 女性)
  • 現場管理(23歳 男性)
  • 住宅営業(36歳 女性) 他

賃金情報

平均17万円~23万円程度


修了生の声

  • 他の訓練生より年をとっていたので、訓練習得や就職に不安がありましたが、指導員及び訓練生のフォローで無事に修了し、企業面接において職業訓練受講が幸いし再就職できました。現在は現場50%、CAD図面作成50%行っています。
  • 訓練を受講し、現場に出て実感したのは、図面を読みこなす力です。更地にすらなっていないところにこれから建つ建物をイメージする力は必要です。それがポリテクで学べました。まだまだ半人前ですが頑張っていきます。
  • 訓練受講後、新築・増改築・エクステリア等の設計を中心に毎日奮闘中です。6ヶ月で建築の全てを理解し即戦力となるのは難しいことですが、ポリテクで教えて頂いた内容がいかに実務に即していたかと痛感しています。建設業のスタートラインに立てたことに感謝します。

修了時に修得できる資格

丸のこ等取扱い作業従事者教育


任意に取得する資格

福祉住環境コーディネーター

建築CAD検定

インテリアコーディネーターなどが受験可能

※試験対策は行っておりません

問い合わせ先

企画指導部 事業課

TEL

0568-79-0512

FAX

0568-47-0677

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る