本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械設計科

<アビリティ訓練>


コースの概要

 機械製造業では、製品に求められる機能(仕様)を満たすことは当然として、さらに高品質、低コスト、短納期をめざしてCADなどのツールを効果的に使用した設計やものづくりが進められています。このような現状において、機械設計者には機械材料や製造方法、強度計算や機械要素の選択、図面での製作指示といった設計から製造までの幅広い知識や技術を基礎として、CADなどのツールを適切に使いこなすことが求められています。 機械設計科では、機械製図や2次元CAD、3次元CAD、油空圧制御、電気制御、各種力学および技術計算など機械設計技術者になるための基本技術をもとに、製品企画から構想、詳細設計までの総合的な技能・技術を習得します。


受講前提条件

 ものづくりに関心があり、修了後に製造業に就職する意思のある方。


事前に習得していることが望ましいスキル

 パソコンのキーボード入力、マウス操作、ファイルの取扱いなどの基本的な操作ができることが望ましい。


目標

  • CADを用いて、使用目的に応じた3次元モデルや2次元図面の作成ができる。
  • 強度計算など設計に必要な技術計算ができる。
  • 機械要素部品(規格品)の特性を理解して目的に合わせた適切な選択ができる。
  • 適切な機械要素の選択を通して機械設備の設計ができる。
  • 要求される商品性、大きさ、強度、剛性に応じた設計ができる。

内容

  • 3次元CADや2次元CADなどのツールの効率的使用方法、設計手法などの習得
  • 機械材料や製品製造方法などの知識の習得
  • 設計に必要な機械製図法、設計計算、機械要素選定などの知識・技術の習得
  • 基本構想をもとに機能や製造可能性を確認しながらデータや図面を作成していく設計一連の流れとその手法の習得
 2次元CAD実習

2次元CAD実習

 3次元CAD実習

3次元CAD実習

 旋盤加工実習

旋盤加工実習

材料力学演習

材料力学演習

機械要素設計実習

機械要素設計実習

 総合設計課題(ボール盤)

総合設計課題(ボール盤)


目指す職種

  • 製品(自動車、航空機、家電の部品)設計者
  • 設備(工作機械、生産ライン)設計者
  • 生産技術者
  • CAD/CAMオペレータ

製品設計者の仕事

  • 設計とは商品の目的を達成するための仕様(条件・目標値)を作成し、それに基づいて機構や構造を考え、材料の選定や形状・寸法等を決定する作業のことです。
  • さらに、加工法や仕上げ方法なども決定し、それらの計画を総合して図面化します。

就職実績

88.6%(平成27年度)

  • 機械設計製作 (36歳 男性)
  • 機械設計 (24歳 男性)
  • プレス金型設計 (41歳 男性) 他

賃金情報

17万円~22万円程度


修了時に修得できる資格

特になし


任意に取得できる資格

・CAD利用技術者試験
・CADトレース技能審査
・技能検定(機械・プラント製図)
 ※受験等が必要です。

問い合わせ先

 〇企画指導部事業課 TEL:0568-79-0512 FAX:0568-47-0677

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る